2015年06月24日

「月のもの」の周期と、「月の」周期

さて、現在、女性の生理の周期は、「平均して28日」であると言われている。
これが、一部では、「月の満ち欠けの周期と一致している」と誤解されているらしい。

いくつかのサイトでは、「生理の周期は平均28日」という説明と共に、例えば、「満月に生理を迎えると云々」という解説すら見かけた。

が、月の(朔望の)平均周期は、29.5 である。
というわけで、28日周期で見ると、月齢にして約1.5ずつ前にずれることになる。

実際に 2015年〜2019年の「28日ごと」の月齢と月相を計算するとこのようになる。
28日ごとの月齢.png
※月相という数字は、月の形を正確に反映する数字です。
 0 = 新月、7 = 上弦、14 = 望、21 = 下弦
 月齢と月の形の関係は、少しずれます(しかもばらつきます)。

 このように、2015/07/16 には、新月を迎え、2016/03/24 にはほぼ満月になる。
 これが、28日周期で見た実体である。

 ただ、1周期では、1日ほどしかずれないので、「生理の周期は月の周期と同じ」と言われれば、日々の暮らしの中では、気づきにくいということは確かにあると思う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/145095733

この記事へのトラックバック