2010年08月29日

「引用禁止」という誤解

今でも、「このコンテンツは著作権法で保護されています」という文言と、「無断引用禁止」という文言とがともに書かれている場面に出会うことがある。
しかしながら、この二つの言葉は(2010年時点の日本国内においては)両立するものではないというのが、この記事の趣旨である。

まず、「引用」という単語。
この言葉を、「部分的な転載」と解して使用していると思われる場面が多い。
実際に辞書を引いてみると、
「他人の説や文章を自分の説や文章の中に使うこと」(学研国語大辞典)
「自分の説のよりどころとして他の文章や事例または古人の語を引くこと」(広辞苑)
「自説を証明したり物事を詳しく説明したりするために、他人の文章・他の説・故事などを引いてくること」(明鏡国語辞典)
と、辞書の記載においても、単純な「部分的な転載」とは解釈されていないことがわかる。
つまりは、「引用」という言葉自体が誤解されて使われているのではないかということである。

さて、さらにいえば、著作権法には、(著作権法としての)引用も定義されている。
そして、著作権の制限のひとつとして、「引用は可能」とされているのである(32条)
著作権法における引用とは、概ね、
・自説の展開、または批判のために必須であり
・引用部分が従であり
・引用元が明示されている
という要件が必要とされている。逆に言えば、この要件を満たす引用を著作権は許しているわけである。

さて、著作権と引用の関係であるが、それを説明するためには著作権法の意図を知らなければならない。
著作権法第1条に、以下のような(目的)が定められている。
「この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。」

著作権法の目的は、「文化の発展に寄与する」ことであって、必ずしも著作権者の保護ではない。
文化の発展に必要だから、その手段として著作権を保護するとしているのである。
だからこそ、文化の発展を阻害する程度の著作権保護は行わない。故に、「著作権は制限される場合がある」のだ。

冒頭の「引用」は、この「著作権の制限」のひとつである。
言い換えれば、著作権法が「文化の発展に寄与する」という目的のために、「引用は認められるべき」としているのである。
だから、「引用」を禁止するということは、「引用」という言葉を正しく理解していないと表明することになるのか、あるいは、(著作権を保護して欲しいといいつつ)著作権法の理念を無視しているか、いずれにしても、正しい主張ではないということである。
posted by 麻野なぎ at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作権の周辺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40420919

この記事へのトラックバック